キャッシングの審査

銀行カードローンがバレない便利帳|内緒で借りられる方法を伝授

MENU

キャッシングの審査では収入と個人信用情報が重視されます

キャッシングをする時に注意しておきたいのが、収入と個人信用情報です。審査では主にこの2つを見られます。まず収入ですが、これがないと返済ができませんので、無収入の人は申し込みができません。ただし仕事をしていなくても、不動産収入があるとか、内職で収入があるような人は申し込みができます。それから個人信用情報ですが、これにブラックが登録されていると、通るのは難しくなります。
なぜ信用情報にブラックがあると、審査に不利になるのでしょうか。それは、ブラックがあるということは、ローンの返済の延滞や、債務整理をしたことを意味するためです。延滞や債務整理というのは、期日までに返済ができなかったということであり、その人への信用は低くなります。ブラックは一度登録されると、5年間そのままですので、気をつけるようにしましょう。また信用情報機関は、金融機関ごとに異なっており、その中でも銀行系の機関は特に厳しくなっています。債務整理で自己破産をした場合は、銀行系機関では5年間でなく10年間ブラックが登録されます。
ですからローンやクレジットカードは、注意をして利用するようにしましょう。通常3回連続して延滞すると、ブラックが登録されますし、カードも強制解約となることもあります。ネット上のカードや債務整理に関する体験談などで、ブラックがあってもカードが持てるというのもありますが、銀行系や信販系のカードはやはり持てないと考えてください。同様にブラックがある時は、銀行や大手消費者金融の利用も難しくなります。
お金を借りる際の心構え - 全国銀行協会