カードローンの利用と総量規制

銀行カードローンがバレない便利帳|内緒で借りられる方法を伝授

MENU

カードローンの利用と総量規制について

借金をする場合に注意しておかなければいけない物の一つが総量規制です。
これはその人が借入が出来る金額が年収の3分の1までとするルールの事で、それ以上借りる事が出来ません。
また基本的に無収入の人は最初から借り入れが出来ないという事になる為、専業主婦や無職の人は借金が出来ないという事になります。

 

ただ総量規制自体は全ての金融機関に適用されるわけではなく、対象となるのは貸金業法によって管理されている消費者金融などです。
だから銀行は対象外となる為、カードローンを利用したいと思ったら無職の人でも利用する事は十分可能です。

 

とはいっても、収入が無い人が利用するという事は、家族の収入などから返済するという事になります。
だからどれだけでも借りる事が出来るかといったら決してそういう訳ではなく、一定額までの貸付と言う事になるので注意が必要です。
例えば、専業主婦の場合は20万円までと言った感じです。

 

ただ一見それ程沢山借りる事が出来ないのではないか、利用価値がないのではないかと思う人もいるかもしれませんが決してそうではありません。
少し給料日前にお金が必要な場合などは、十分対応できる位の金額となっている為便利です。
しかし便利だからと言って使い過ぎてしまうと家計から返済する事が難しくなってしまう為、必ず必要な金額のみを借りるようにして、必要以上に借りない様にする事が重要です。
カードローン自体は自分のタイミングで借りる事が可能なので、必要な分をその都度借りるというスタンスの方が安全だといえます。